編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

フジテック、保守現場にスマートグラス導入--情シス部門と密に連携

寺島菜央 (編集部)

2022-11-18 16:14

 エレベーターなどの研究開発、販売、保守などを担うフジテックは11月18日、昇降機のメンテナンスなどを行うフィールド業務にスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)を導入したと発表した。

 同社では、ITを活用した教育の充実を図るため、ハンズフリーで作業を中断できるスマートグラスの導入を検討し、2015年から概念実証(PoC)を行ってきた。実証には情報システム部門が保守現場の作業に同行し、スマートグラスの有用性を検証。当時はハード面で要件を満たせずに導入を見送ることになったが、近年のスマートグラスの小型化・高機能化が進んだことから、2022年5月から本格的な導入を開始したという。

 スマートグラスの選定に当たり、保守現場では技術者の装備品が多いことから、装着負荷を下げることや、簡単に操作できることが条件として挙げられた。また、ハードな環境での耐久性や長寿命バッテリーで作業時間中に常時接続が可能であることも選定要件に含まれていた。

 導入時、情報システム部門がスマートグラスを活用した現場の課題解決に向けた提案活動と、導入トレーニングの支援を行った。フジテックは、今回の取り組みについて、「部門を超えて密に連携ができる当社の一貫体制と、ITを活用した業務支援の企画・内製を行う情報システム部門の強みが、こうしたデジタル技術の定着につながっている」と説明した。

 現在、同社では保守現場の安全パトロールにおいてスマートグラスの活用が最も進んでいるという。安全パトロールは、熟練技術者が現場の安全管理や作業品質の指導を行う自主的な監査。スマートグラスを使い、一部の安全パトロールをリモートに置き換えた。

スマートグラスを用いた遠隔安全パトロールのイメージ
スマートグラスを用いた遠隔安全パトロールのイメージ(出典:フジテック)

 現場で作業する技術者がスマートグラスを装着し、オフィスにいる熟練技術者がビデオ通話でリアルタイムに指導を行う。これにより、熟練技術者の移動時間を削減し、安全パトロールの頻度の増加や複数人での監査が可能になったという。ほかにも、故障対応や現場支援の実測調査など、業務支援に用途を広げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]