編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

フジテック、エレベーターの販売促進にVR技術を導入

ZDNet Japan Staff

2021-09-13 06:00

 フジテックは、エレベーターの販売促進と仕様決定に仮想現実(VR)技術を導入すると発表した。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用して、エレベーター設置者などが完成イメージなどを体験できるようにする。

 この取り組みでは、同社標準型エレベーター「エクシオール」について、約530点の色やパーツを組み替えて完成イメージをVRとして再現するデザインシミュレーターを活用。HMDに投影することで、複数のデザインイメージを比較したり、非接触ボタンや扉のセンサーなどを疑似体験したりできる。

 設備は、東京都や滋賀県のショールーム、大阪府茨木市の中核拠点「ビッグフィット」など全国16カ所に順次導入し、販売促進と仕様決定に活用する。これにより、顧客が再現度の高いイメージを体験でき、計画や設計における業務品質とスピードの向上が図られるほか、VRのシミュレーションの情報を基幹システムでも連携し、見積書作成や製造指示などの業務効率化に役立てていく。

イメージ(出典:フジテック)
イメージ(出典:フジテック)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]