KDDI、スマートグラスとXRを活用した美術館・博物館向け新サービス

NO BUDGET

2022-04-19 12:28

 KDDIは美術館や博物館、展覧会などにおいて、スマートグラスとXR技術を活用して展示作品を視覚的に解説する「auビジュアルガイド」の提供を開始した。また、4月15日から札幌市で開催している「バンクシー展 天才か反逆者か」に同サービスを提供した。

 同サービスでは、作品鑑賞に来場した人がスマートグラスをかけて視聴し、スマートフォンを操作するだけで利用できる。利用者は案内板や学芸員の前などに集まることなく、自由な位置から自分のペースで作品の解説を視聴でき、仮想空間を活用することで物理的な展示スペースの制約を超えた展示が実現する。そのため、会場に物理的な変更を加えることが難しい場合でもデジタルで情報や装飾要素を追加できる。興行主の保有する映像素材を活用することも可能だ。

 KDDIは、同サービスの想定ユースケースとして、博物館、美術館などでの展覧会・展示品の解説に加え、ショールームでの展示内容についての案内や手話や多言語字幕による作品解説、交通機関における目的地の観光案内などを挙げている。

サービスの利用イメージ
サービスの利用イメージ
 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]