LegalForceが社名変更--契約書レビューサービスを米国で1月に開始

河部恭紀 (編集部)

2022-12-02 07:30

 人工知能(AI)契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForceは12月1日、事業戦略発表会を開催し、社名を「LegalOn Technologies」と変更した。それとともに「法とテクノロジーの力で、安心して前進できる社会を創る」というパーパスを明らかにした。

 パーパス策定の背景について、代表取締役の角田望氏は、「創業以来、法とテクノロジーの領域で事業を展開してきており、これがコアのアイデンティティーだと思っている。法は単に契約書や法律だけでなく、社会規範や商慣習、社内規則といった広い意味でのルール、慣習、規範と定義している」とし、テクノロジーを駆使して法を正しく理解して使いこなすことができれば、不測のトラブルを防止し、安心して前に進むための基盤ができるとの考えから、「法とテクノロジーという私たちの強みを生かして、チャレンジできる社会を創っていきたいという意味を込めた」と説明した。

 パーパスの策定を通じて自社のアイデンティティーが「法」と「テクノロジー」にあると改めて認識したことにより、法を意味する「Legal」とテクノロジーを意味する「Technology」を、「接触」を意味する「On」で結んだ「LegalOn Technologies」を新社名として採用したという。この新しい社名の下、契約事業においてはこれまでと同様に「全ての契約リスクを制御可能にする」というミッションに向けてビジネスを進めていくと角田氏は述べた。

新社名

世界最大のリーガル市場である米国への進出

 今後の新事業としては、AI契約書レビューサービスを米国で2023年1月に提供開始する。

 契約という市場では米国が世界をリードしていることから、米国事業を非常に重要視していると角田氏。「そこに大きなポテンシャルがあり、当社のパーパスである『法とテクノロジーの力で、安心して前進できる社会を創る』ためには避けては通れない」(同氏)

 9月に子会社のLegalOn Technologies USをサンフランシスコに設立し、Daniel Lewis氏を最高経営責任者(CEO)に10月に迎えた。同氏は、2012年にリーガルテックのスタートアップ「Ravel」を設立し、1400万ドルの資金調達を成功させ、2017年に同社を業界リーダーのLexisNexisに売却している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]