日立製作所、SAPのPEOソリューション導入を容易にするテンプレートを開発

NO BUDGET

2022-12-09 08:00

 日立製作所(日立)は、製造業が設計から製造までの情報を統合管理できる統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4HANA Manufacturing for production engineering and operations 」(PEO)の導入を容易にする「日立 設計・製造テンプレート」を開発。同テンプレートを用いたコンサルティングの提供開始を発表した。

「日立 設計・製造テンプレートを用いたDXコンサルティングのイメージ」
「日立 設計・製造テンプレートを用いたDXコンサルティングのイメージ」
「日立 設計・製造テンプレート」のコンテンツ
「日立 設計・製造テンプレート」のコンテンツ

 日立 設計・製造テンプレートは、日立グループ会社向けにSAPのPEOソリューションを導入したノウハウと、SAPソリューションの導入実績を組み合わせ、業務フローや業務プロセスを整理して汎用(はんよう)化・システム化したもので、ECM(Engineering Chain Management)とSCM(Supply Chain Management)の連携を実現する。

 同テンプレートを活用することで、デジタルトランスフォーメーション(DX)や「SAP S/4HANA」への移行・応用を検討する製造業の顧客に対し、SAPのPEOソリューションを活用したシステム検討や要件定義などのコンサルティングを、安定した品質で迅速に行えるという。

 このコンサルティングでは、設計から製造までの各部門を横断した一連の業務フローに沿ったSAPのPEOソリューションの導入プロセスや要件を確認、検討することができる。利用イメージがつかみやすく、実業務に導入した際の具体的な課題把握が可能だとしている。また、一連の業務において、例えば、設計変更が発生した場合に必要となる業務の検証について、実際のS/4HANAの画面や操作手順なども整備している。

 また、コンサルティングにはシステムの導入時に追加開発を行わず、業務内容を標準機能に合わせる「Fit to Standardアプローチ」をベースとしている。さらに、同テンプレートにベースとなる業務フローを整理しているため、理想の業務フローを短期間で検討できるという。

 なお同コンサルティングでは、主に準量産品を扱う顧客を対象としているが、今後、量産品や受注生産品への対応など適用業務範囲の拡大を図っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]