IT企業の年頭所感

分散クラウドとDX時代に向けて、セキュアなアプリ環境を実現--A10ネットワークス・川口社長

ZDNet Japan Staff

2023-01-11 15:00

 2023年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

A10ネットワークス 日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント 川口亨氏

 A10ネットワークスは、セキュリティや可用性を確保するための多様なネットワークセキュリティ機能を備えたアプリケーションサービスゲートウェイ「A10 Thunderシリーズ」を提供しています。現在、日本国内の売り上げはグローバルの4分の1以上を占め、2022年は270社近くの新規顧客を獲得するなど、サプライチェーン(供給網)の危機や経済的に困難な背景においても売上成長率を確保することができました。

 2023年は、テレワークの常態化や拡大、エッジコンピューティング、分散クラウドへの期待が進み、トラフィックの増加やセキュリティリスクの変化への対応が求められる年になると考えています。A10は以前から、大規模なクラウド環境やプライベートクラウドにおいてハイパフォーマンスなソリューションを提供しておりましたが、今後分散クラウド環境においても、それぞれをつなぐ場所でトラフィック制御や負荷分散、セキュリティなどの機能を提供していきます。

増加するDDoS攻撃への対処

 昨今の国際情勢によりDDoS攻撃は増加し、その対策の重要性は依然にも増して高まっています。A10は、DDoS攻撃対策ソリューションと脅威インテリジェンスを2023年における注力分野の一つと捉え、この分野における機能やサービスを拡張していきます。当社の持つ長年にわたるDDoS攻撃対策の知見を、お客さまがネットワーク内の脅威を特定するための情報として活用したいと考えています。

 また、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」など、主なクラウドでのApplication Delivery Controller(ADC)やThreat Protection System(TPS)製品の拡張に注力し、DDoS攻撃検知機能をアップデートするほか、新しいハードウェアやプラットフォームのリリースを予定しています。

企業のDX推進・ゼロトラストネットワークの実現支援

 2022年は、テレワークとオフィス勤務を組み合わせた「ハイブリッドワーク」の浸透が進み、2023年も継続すると考えられます。A10は、ゼロトラストの考えに基づいた、安心で快適なテレワーク環境を実現するクラウドサービス「A10 Cloud Access Controller」の提供を2022年10月に開始いたしました。ハイブリッドワークやデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を引き続き支援してまいります。

5G・IoTの普及に伴う大容量高速通信の担保

 総務省は、2022年5月に発行した「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」で、2023年度末には第5世代移動体通信システム(5G)の人口カバー率を95%に高める方針を発表しています。高速で大量のデータを扱う必要性に加え、リアルタイム性の高い通信が求められることも増えてくると、 分散クラウド環境が不可欠になります。

 2023年は、5G技術による変革がさらに進むため、セキュリティへの備えがこれまで以上に重要となり、激変する市場への対応が求められています。A10は、大容量の高速通信とセキュリティを担保するための5G対応ソリューションを提供してまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]