NTT ComとJR-Cross、会員基盤と位置情報を活用したセグメントマーケティングで実証実験

NO BUDGET

2023-01-10 17:23

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とJR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニー(JR-Cross)は、販売促進活動の高度化に向けて、会員基盤と位置情報を活用したリアルタイムなセグメントマーケティングの実証実験を開始する。商業施設「エキュート上野」 「エキュート大宮・大宮 ノース」を対象に、3月1日まで実施する予定。

 実証実験では、NTTドコモ(ドコモ)の基地局などから取得する位置情報を活用し、同社が保有する「dポイントクラブ」の会員約8700万人のうち、スマートフォン向けメール型広告配信サービス「メッセージS」を許諾する約3300万人に対し、顧客属性に応じた情報を配信する。

 メッセージSは、日時、地域、属性、興味・関心などのユーザー属性に基づくターゲティングが可能なスマートフォン向けメール型広告配信サービス。

実証実験の概要(出典:発表資料より)
実証実験の概要(出典:発表資料より)

 リアルタイム配信は、ドコモの基地局情報などを基にした位置情報とdポイントクラブ会員基盤を活用し、2駅合わせて1日当たり約32万人が利用するJR上野駅・JR大宮駅および駅周辺にいるユーザーが対象となる。

 なおユーザーのターゲティングにはドコモの基地局やWi-Fiの通信情報を基に、指定した位置から半径75メートルのエリア内にいる顧客を推定することができる「docomo Ad network」の位置機能を活用する。

 メッセージSを許諾する約3300万人に対し、年代や居住地などのユーザー属性に基づいてターゲティングを行った上で位置情報と連携させ、メッセージSを利用したサービスやキャンペーン、イベント情報などを配信する。

 さらにジオターゲティングを活用し、周辺のイベント施設や観光施設などへの来訪者に対してエキュートで開催中のキャンペーンや期間限定イベント、エリア限定商品なども紹介する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]