ニッスイ、出張・経費管理SaaSでバックオフィス業務のデジタル化を推進

藤本和彦 (編集部)

2023-02-27 13:57

 ニッスイは、場所にとらわれない働き方の実現を目指し、経費精算業務のデジタル化を推進している。2022年10月には、従業員約1300人が出張・経費管理SaaS「Concur Expense」の利用を始めた。コンカーが2月27日に発表した。

 同社では、サービスの導入をきっかけに、従来の紙中心の申請・承認作業をオンラインで完結できるようにした。これによって証票の保管の負担が削減し、書類の紛失リスクや記載ミスが一掃された。また、法人カードの利用、キャッシュレス決済サービス「PayPay」での経費支払いも可能となり、デジタルデータを利用/活用した業務負荷軽減、工数削減の効果が現れているという。

 コンカーによると、近年、働き方改革、感染症の流行を契機としたリモートワークが急速に進み、多くの企業がバックオフィス業務のペーパーレス対応、ガバナンス強化の対応に追われている。特に全社員が関わる、間接費業務の業務改善からデジタル化を進める企業が増加している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]