NTT西日本と静岡市が連携協定を締結--AIを活用したまちづくりを推進

寺島菜央 (編集部)

2023-03-13 07:00

 NTT西日本 静岡支店と静岡市は3月10日、「AIを活用したまちづくり」の包括連携協定を締結し、実証実験を開始することを発表した。

 静岡市は、「誰もがデジタル化による豊かさを享受できる地域社会の実現」を掲げ、行政のデジタル化に取り組んでいる。2023年度からは「第4次静岡市総合計画」を8年にわたり進めていく一方、DXの視点とデジタル人材の育成が必要不可欠な課題だとしている。そこでNTT西日本は「ソーシャルICTパイオニア」として静岡市の現状を踏まえた各種ITソリューションの活用を提案し、行政DXやスマートシティーの促進を目指す。

 同協定の第1弾では、NTT西日本が提供する「みんなのまちAI」を試験的に活用した実証実験を2023年3月10日~2024年3月31日で行うという。

 みんなのまちAIは、人流や建物のデータなどのオープンデータを蓄積し、町の詳細な情報を分析・予測。センサーレスでデジタル上に再現するAIプラットフォーム。同プラットフォームを活用することで、細かいメッシュでの人の行動目的や行動予測が可視化され、より精緻な売上予測や混雑予測、交通シミュレーションが可能になる。

 実証実験では、みんなのまちAIから得られるデータを政策検討に活用し、町の活性化や価値創造を検討するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]