JFEスチール、本社会計・投資管理システム基盤をSAP S/4HANA Cloudに移行

NO BUDGET

2023-03-13 15:09

 JFEスチールは、本社会計・投資管理システム基盤をSAP S/4HANA Cloudへ移行した。移行を支援したSAPジャパンが3月13日に発表した。

 JFEスチールは、2017年に会計・投資管理システムの基盤としてのERPをオンプレミス環境に導入した。その後2022年7月に、機能拡張が容易な「SAP S/4HANA Cloud」の導入を開始し、6カ月の移行期間を経て、安定したシステム本稼働を実現しているという。また、製造拠点初となる仙台製造所のシステムのオープン化も2022年に完了させている。

 今後同社は、SAP S/4HANA Cloudを他の業務領域へ展開し、さらに「SAP Ariba」や「SAP Business Technology Platform」などの活用によりクラウド環境を充実させ、業務刷新を進めていく。

   

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]