NEC、IOWNの新たな世界を「体験・共創」する場を我孫子事業場に開設

NO BUDGET

2023-04-12 08:18

 NECは4月12日、次世代基幹網「IOWN」が実現する世界を体験・共創する場として「NEC CONNECT Lab with IOWN」をNEC我孫子事業場に開設した。

 IOWNはNTTが提唱するネットワーク・情報処理基盤の構想で、あらゆる情報を基に個と全体との最適化を図り、多様性を受容できる豊かな社会を創ることを目的としている。光技術を中心に、これまでのインフラの限界を超えた高速大容量な通信能力と膨大な計算能力などを提供可能にする。2024年に仕様を確定し、2030年の実現を目指している。

 NEC CONNECTはさまざまなアセットを持つ多くの企業と連携してオープンイノベーションに取り組む場。5Gによる価値創造を目指す「NEC CONNECT 5G Lab」などが既に稼働している。

NEC CONNECT Lab with IOWNのコンセプト NEC CONNECT Lab with IOWNのコンセプト
※クリックすると拡大画像が見られます

 Lab with IOWNでは、IOWNを活用してビジネスの拡大を目指すパートナーや顧客と、各社の機器の相互接続検証やサービスを組み合わせた検証、各社のラボと連携した実証などを行える。また、企業のデータセンター間や拠点間のAPN(All-Photonics Network)による接続を模した環境を構築し、大容量・低遅延なネットワーク環境を体感できる。さらにIOWN構想の社会実装を目指すIOWN Global Forumによる機器やサービスの技術検証の場としても活用する予定だ。

 Lab with IOWNは、IOWN-GFのOpen APN(Open All-Photonics Network)アーキテクチャーに準拠したNECの光伝送装置によるOpen APN環境で構築されている。

 今後は、Data Centric InfrastructureやDigital Twin Computingなどの要素技術も追加し、製造・建設・都市開発・エンターテインメントなどIOWNで想定している各業種のユースケースを社会実装するための検証フィールドへと拡大していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]