ベネッセ、AIチャットサービス「Benesse GPT」を開発--より良い商品開発に向けて

寺島菜央 (編集部)

2023-04-14 15:52

 ベネッセホールディングス(ベネッセ)は4月14日、「Azure OpenAI Service」を活用してAIチャットサービス「Benesse GPT」を開発し、運用を開始した。同グループの従業員約1万5000人が利用できるという。

 ベネッセは、全社戦略に基づき、2021年から社長直下に「情報システム部門」「人財育成部門」「コンサル部門」が一体となる組織として「Digital Innovation Partners」(DIP)を設置し、全社横断でDXを推進している。また、顧客にとってより良いサービスを開発するため、さまざまな最新技術の検証を行っている。

 今回、現場の開発者や企画者が安全な環境でAIチャットサービスを検証する場を整備するため、DIPがBenesse GPTを開発。従業員はイントラネット上において、いつでもセキュアな環境下で同サービスを利用でき、同サービスの業務効率化への活用や商品開発に向けた技術活用の検証ができるとしている。

Benesse GPTのチャット画面
Benesse GPTのチャット画面

 同サービスは、入力した情報を二次利用せず、クローズドな環境で外部に情報を漏えいしないなど、セキュリティ面に考慮した仕様になっているという。同社は今後、AI活用においてさまざまな角度から議論し、サービス自体の検証を重ねながら同サービスを継続的に改善していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]