マイクロソフト、生成AIの開発で医療ソフトウェアのEpic Systemsと提携拡大

ZDNET Japan Staff

2023-04-19 11:29

 Microsoftは米国時間4月17日、医療ソフトウェアを手掛けるEpic Systemsとの長期的な戦略的提携を拡大し、生成系人工知能(AI)の開発と医療への導入に取り組むと発表した。OpenAIの大規模言語モデル(LLM)を「Microsoft Azure」上で利用できるサービス「Azure OpenAI Service」とEpic Systemsの電子健康記録(EHR)ソフトウェアと組み合わせることで、これを実現したい考えだ。

 Epic Systemsは1979年に創業。米ウィスコンシン州ベローナに本社を置き、3億500万人以上の患者に電子記録を提供している。

 今回の協業では、生成系AIを活用する包括的なソリューション群をEpic SystemsのEHRと統合して、生産性の向上や患者ケアの強化、医療システムの財務健全性の改善を目指すという。最初のソリューション群の1つをすでに提供開始しており、ウィスコンシン大学マディソン校のUW Healthなど複数の医療機関が、メッセージへの応答を自動的に作成する機能の導入を進めている。

 また、Epic Systemsのセルフサービスレポートツール「SlicerDicer」に自然言語検索とインタラクティブなデータ分析を導入し、会話形式の直観的な方法でデータを検索できるようにするという。

 UW Healthの最高情報責任者(CIO)であるChero Goswami氏は、「テクノロジーを有効に活用すれば、人材とワークフローに関連するさまざまなことを簡素化できる。生成系AIを日常のワークフローの一部に統合することで、多くの医療提供者は生産性を高め、真に重要な臨床業務に集中できるようになるだろう」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]