ピュア・ストレージ、フラッシュベースのネイティブな統合型ブロック/ファイルストレージを提供

NO BUDGET

2023-04-28 10:14

 ピュア・ストレージは、「FlashArray」によるファイルサービスの一般提供を発表した。

 このサービスは「VMware」、NFSデータストア、ユーザーディレクトリー、プロファイル、コンテンツリポジトリー、データ保護、バックアップなど、一般的なユースケースを全てサポートしている。

 同サービスは業界に先駆けて提供されるもので、単一のグローバルなストレージリソースプールからブロックおよびファイルサービスをネイティブに提供できる。このためストレージニーズ拡大に備えた事前計画が不要となり、一元化されたポリシー管理システムが、データの管理に要する時間を大幅に短縮する。

 米大手調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)は、同サービスの提供による効果として、3年間の管理時間が最大62%短縮し、総所有コスト(TCO)を最大58%低減すると予測している。

 従来のストレージソリューションは、もともと、ブロックまたはファイルのいずれかのユースケースを想定して設計されていたため、新たなプロトコルの追加は常に後付けとなり、規模の拡大とともに管理が複雑になっていた。

 これに対し、ピュア・ストレージは、ブロックとファイルの両方をネイティブに提供するモダンアーキテクチャーを開発することで、どちらかが後付けになる従来の制約を解消した。

 これまでIT管理者は、ストレージの更新や需要を予測して、ブロックかファイルか、といったストレージの運用についての計画を事前に立てる必要があった。しかし今後は、ブロックかファイルかを問わず、ニーズに応じた供給および無停止の拡張が可能になり、ファイルシステムのサイズ制限もなくなった。

 また従来のストレージプラットフォームの課題であった多層構造が排除され、ストレージのデプロイメントおよび管理において、ニーズに適したストレージサービスを提供できるようになる。さらにポリシー管理を一元化することで管理操作が容易になり、ポリシーをブロックとファイルの両方に同時に適用することができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]