海外コメンタリー

企業が推進するエッジ利用--効果的なデータ活用に課題

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2023-05-18 06:30

 あらゆるものをクラウド上に置くのが一番だというのは、何年も前から言われていることだ。しかし現在、コンピューティングの世界は中央集権化されたサービスに背を向け、エンベデッドシステムやセンサー、キオスク、POS端末、モバイル機器、ウェアラブル製品、ロボット、IoTといったありとあらゆるエッジデバイスに目を向けつつあるようだ。エッジコンピューティングではローカル環境内でソフトウェアを実行し、データを生成/格納する必要がある。これはつまり、さまざまなロケーションでソフトウェアとデータ処理を実行するだけでなく、そのサポートも必要となることを意味している。ではテクノロジープロフェッショナルは、こうしたモノのエッジ化の流れにどのように備えるべきだろうか?

クラウドのイメージ画像
提供:Getty Images/da-kuk

 この流れを見過ごすことはできない。TechRepublicのMegan Crouse記者も報じているように、Insight Enterprisesの依頼を受けて調査を実施したIDGと同社傘下のFoundryの推定によると、今や米国の平均的な企業ではコンピューティングリソースの35%をエッジ環境に格納しているという。また、エッジデバイスからの洞察をデータ分析に統合することを最優先事項として挙げている企業は36%と、前年の27%から増えている。エッジデバイスは、ローカル環境でデータ処理を実行できるためにレイテンシーを低く抑えられるとともに、データ移送の必要がないためセキュリティを強化できるというメリットがある。

 エッジシステムが情報テクノロジーの大部分の処理を担うようになっていくという点については、業界の観測筋も同意している。PwCのパートナー兼コネクテッドソソリューション/IoT担当リーダーであるRob Mesirow氏は、「機械学習(ML)と、集積型の計算処理はますますエッジ側で実行されるようになってきている」と述べ、「ここでの考え方は、クラウド側に送信する必要があるイベントの大きさや数を減らそうというものだ。限られた数のデータストリーム上において、ストリーミング形式で実行できるような計算処理は、容易にエッジへと移行できる」と続けた。

 また、InterSystemsの製品管理ディレクターであるJeff Fried氏はリアルタイムでの応答時間について、「単一のクラウド上に集約化されたコンピューティングクラスターでは規模の拡大を達成することが難しい」と述べ、「またリアルタイムやニアリアルタイムでのアナリティクスについては実現が可能であり、リアルタイムでの洞察については実現可能だと分かった時点で一気に普及する」と続けた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]