調査

日本企業の半数が「3〜5年のうちに自社が後れを取る恐れ」と懸念--デル調査

NO BUDGET

2023-05-17 06:40

 デル・テクノロジーズは、企業の変革に関する意識について調査した「Innovation Index」の結果を発表した。これによると、全体の57%(日本50%)が、イノベーションのパイプラインおよび企業/組織文化の健全性を鑑みたところ、「3~5年のうちに自社/自組織が他に後れを取る恐れがある」と懸念していることが分かった。

 「Innovation Index」は、ある時点における企業や組織の状態を反映したもので、デルでは、イノベーションのための「人材」「プロセス」「テクノロジー」の準備を整えることで、各企業や組織が改善を図ることができると説明する。

グローバル(45カ国)と日本のイノベーション成熟度ベンチマーク
グローバル(45カ国)と日本のイノベーション成熟度ベンチマーク

 今回の調査は、世界45カ国以上で6600人の従業員(日本300人)を対象に実施された。イノベーションがビジネスに不可欠な理由、また企業や組織が効果的なイノベーションを実現するために「人材」「プロセス」「テクノロジー」をどのように活用すべきかを解き明かそうとしている。

 回答者は、「イノベーションリーダー」から「イノベーションラガード」(後進企業・組織)までの5段階のイノベーション成熟度ベンチマークに位置付けられ、今回の分析で「イノベーションリーダー」および「イノベーションアダプター」(導入企業・組織)の上位2グループに分類されたのは18%(日本5%)だった。

 デルによれば、この上位2つのグループが不況時にイノベーションを促進させる可能性は、下位グループの「イノベーションフォロワー」および「イノベーションラガード」に比べて2.2倍(日本4倍)も高い。

 また、上位グループが下位グループよりも高いレベルの売り上げ成長を経験する可能性では1.9倍(日本2.9倍、2022年の年間売上成長予測が15%以上)とされた。同社は、これらの要因として困難な時期にもイノベーションを実行する決断力と能力を擁する「イノベーションレジリエンス」がポイントになっているという。

 さらに同社は、ビジネスには「革新的なアイデア+テクノロジー=インパクト」という強力な公式があるとし、「人材」「プロセス」「テクノロジー」の3つ全てがそろって初めて、アイデアの価値が生み出されると解説する。

 「人材に基点を置いたイノベーション」における調査結果では、59%(日本49%)が、「人材が辞めていくのは期待したほどのイノベーションを起こせなかったためである」と考えていた。また、64%(日本54%)が、「自社・自組織の企業文化のさまざまな側面が、自分たちの求める(できるはずの)革新性の実現を妨げている」と回答。さらに71%(日本65%)が、「自分のリーダーは自らのアイデアを優先する傾向がある」と回答していることも分かった。

 「プロセスに基点を置いたイノベーション」では、「全てのイノベーションの取り組みをデータに基づいて行っている」とするIT意思決定者が26%(日本17%)だった。また、「イノベーションプロジェクトを自社の目標と一致させている企業・組織」は52%(日本42%)だった。

 世界全体では、チームにインパクトを与えるイノベーションへの最大の障壁として「圧倒的なワークロードによるイノベーションのための時間不足」が挙げられた。日本では、この点を最大の障壁とは捉えておらず(45カ国中27位)、最大の障壁として挙げられたのは「失敗を恐れる/アイデアが失敗したときの反響を恐れる」(45カ国中7位)だった。

 「テクノロジーを基点にしたイノベーション」では、「マルチクラウド」「エッジ」「モダンデータインフラストラクチャー」「Anywhere-Work(場所を問わない働き方)」「サイバーセキュリティー」の5つのテクノロジーについて質問した。/p>

 回答者の86%(日本62%)は、イノベーションの目標実現を支援するテクノロジーを積極的に求めているが、逆に57%(日本55%)は、自社・自組織のテク「ノロジーが最先端のものではなく、競合に後れを取ることになるのではないか」と懸念していることが分かった。

 また世界規模での技術面におけるイノベーションの障壁として、回答者全体が「クラウドコストの増加」「ビジネスアーキテクチャー全体とITインフラストラクチャーアーキテクチャーの統合の難しさ」「新しいクラウド環境へのアプリケーション移行に要する時間とコスト」「サイバーセキュリティの脅威」などを挙げた。さらに、「エッジでデータを取得して処理するためのITインフラストラクチャーがない」との回答もあった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]