マイクロソフトと富士通、5年間の戦略的なグローバル協業を発表

ZDNET Japan Staff

2023-05-29 10:29

 米Microsoftと富士通は5月29日、持続可能な社会を実現するクラウドソリューションの開発と提供に向けて、5年間の戦略的なグローバルパートナーシップを締結したと発表した。富士通のデジタルソリューションブランド「Fujitsu Uvance」の内容を両社で開発し、富士通は中期経営計画で掲げるFujitsu Uvanceでの2025年度の年間売上7000億円達成につなげる。

 この提携でMicrosoftは、富士通をプレミアクラウドパートナーに位置づけ、「Microsoft Azure」「Microsoft 365」「Microsoft Dynamics 365」「Microsoft Power Platform」「Viva」などのクラウドプラットフォーム技術、サービス、ノウハウを富士通に提供する。

 富士通は、Microsoftから供与される技術、サービス、ノウハウを用い、中期経営計画のFujitsu Uvance施策で「Vertical Areas」(特定領域)として位置づける製造の「Sustainable Manufacturing」、流通の「Consumer Experience」、ヘルスケアの「Healthy Living」、公共の「Trusted Society」の4分野にソリューションサービスなどを提供する。世界中の2万8000人の従業員に対して4分野向けソリューションと「Microsoft Cloud for Industries」のクラウド営業などの教育や資格認定を進める。4分野それぞれの施策方針は下記の通り。

  • 製造:「Microsoft Cloud for Sustainability」を用い、自然災害や地政学的リスク、パンデミック、原材料価格変動などの環境の急激な変化に製造企業が柔軟で堅牢かつ迅速に復旧可能なサプライチェーンの構築を支援するリスク可視化ソリューションを共同開発
  • 流通:消費者需要に対応できるスマートリテールソリューションを開発し、流通企業の事業運営を支援するほか、食品ロス防止の効率的な購買、持続可能性を志向する顧客に対応可能なソリューションを提供
  • ヘルスケア:世界中の医療業界顧客が患者のデータを保護し、医療の質を向上させ、医療機関の運営を最適化できるよう支援。病院の電子カルテと患者データを連携させ、患者の医療の質を向上させるクラウドベースのプラットフォームと、あらゆる規模の医療機関の運用を最適化することで医療従事者の負担を軽減する生成AIなどのAI技術を提供
  • 公共:世界的なサプライチェーン危機に対応する持続可能かつ復旧力の高いソリューションを開発。製品調達と輸送の追跡し、詳細な需要予測を提供し、二酸化酸素排出量を可視化して持続可能性の目標達成を支援

 協業についてMicrosoft 最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は、「両社のパートナーシップを深め、Microsoft Cloudのエンドツーエンドのパワーと富士通の業界における専門知識を結集し、共通のお客さまがビジネスや社会の課題に対処できるよう支援することを楽しみにしている」との声明を発表した。

 また、富士通 代表取締役社長 CEOの時田隆仁氏は、「Microsoftが提供する、信頼あるクラウドプラットフォームをはじめとするテクノロジーやサービスと、当社のコンピューティングやAIなどのテクノロジーおよびさまざまな業種における知見を組み合わせることで、革新的なソリューションのグローバルな展開を加速させる」との声明を発表している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]