NEC、AWSとの戦略的協業を強化--印西データセンターに「AWS Direct Connect」接続拠点を開設

NO BUDGET

2023-06-01 16:55

 NECは5月31日、Amazon Web Services(AWS)の専用線接続サービス「AWS Direct Connect」接続拠点の活用やAWSを活用したさまざまな業界向けソリューションの提供、AWS認定資格保有者の育成などを進めると発表した。

 まず、AWSが「NEC印西データセンター」(千葉県)に開設したAWS Direct Connect接続拠点を活用し、同拠点を活用した接続サービスを提供する。このサービスはAWSリージョンへの専用ネットワークを介した接続となる。これにより、AWSとセキュアかつ高速・低遅延な接続が可能となるという。

AWS Direct Connectの接続拠点の活用イメージ
AWS Direct Connectの接続拠点の活用イメージ

 NECはこれまで、AWSとの戦略的協業を基に、AWSを活用したさまざまなソリューションを提供している。そうした中、ユーザーの中には既存のオンプレミス環境からAWSへの移行を選択しながらも、データの保管場所(データレジデンシー)に関しては、個別のソリューションを求めるケースが少なくなかった。こうしたニーズに対応するハイブリッドクラウド環境として、今回の接続サービスが提供されることになった。

 ハイブリッドクラウド環境の実現により、オンプレミス環境でデータレジデンシー要件に対応しつつ、AWSの200以上のクラウドサービスを活用してDXを推進していくことが可能となるという。

 AWS認定資格保有者の育成では、2023年5月末の実現を目標としていたNECグループ内のAWS認定資格保有数3000を前倒しで2022年7月に達成した。また、2023年3月末には4000に到達している。今後は、2023年度から2027年度までの5年間で約6000まで増強する予定だ。

 また、今までの知見を基にNEC社内に「マイグレーション&モダナイゼーションコアチーム」を発足させ、ノウハウを集約、オンプレミス環境からクラウドへのマイグレーションやモダナイゼーションに対してスムーズな移行を支援していく。

 さらに、現在AWS上で提供している50以上のソリューションやSaaSを拡充させるため、「SaaS & ソリューションコアチーム」をNEC内に発足させる。同チームが中心となり、AWSが提供する「AWSプロフェッショナルサービス」を活用し、顧客へのソリューション拡充とともに提供スピードの向上も図るとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]