「Firefox」の最新版、「macOS Sierra」から「Mojave」対応はこれが最後に

Oscar Gonzalez (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-07-06 11:36

 Mozillaは米国時間7月4日、「Firefox」の最新版「115.0」をリリースしたが、一部の「Mac」ユーザーにとってこのバージョンは最後のアップデートとなる。

Firefoxのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 Firefoxのバージョン115.0のリリースノートによると、今後は「macOS」の「Sierra」「High Sierra」「Mojave」をサポートしないという。これらの古いOSを使い続けるのであれば、Firefoxの企業向け延長サポート版「ESR 115」への切り替えにより、重要なセキュリティアップデートのみを受け取るかたちになる。

 Mozillaは「Windows」の旧バージョンに対しても同様の措置を取る。2023年に入ってから、Microsoftが「Windows 7」と「Windows 8」「Windows 8.1」のサポートを終了したことにより、これらバージョンのユーザーは自動的にESR 115へ移行する。

 macOSの最新バージョンは、6月にAppleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表された。「macOS Sonoma」は今秋に提供予定であり、ウィジェットのカスタマイズ機能やビデオゲームパフォーマンスの強化が図られるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]