SCSKとホンダ、ソフトウェア開発で戦略的協業

ZDNET Japan Staff

2023-07-07 11:48

 SCSKと本田技研工業(ホンダ)は7月7日、ソフトウェア開発領域で戦略的協業を開始すると発表した。ITと自動車制御を融合した「ソフトウェアデファインドモビリティー」(SDM、ソフトウェアで定義するモビリティー)に取り組み、2030年に国内で1000人以上のエンジニア体制を構築するという。

 協業の背景としてホンダは、昨今の自動車市場で電動化、自動化、コネクテッドカー(通信ネットワークに接続する車)の普及が加速し、これに対応するには高いソフトウェア開発力が不可欠になり、今後は次世代モビリティーの価値創造のために、ソフトウェアがハードウェアやサービスの価値を定義するSDM発想の開発が加速していくなど、ソフトウェア開発の重要性はさらに増すと説明する。

 SCSKは、豊富なIT開発経験と先進的なITの技術活用ノウハウを強みとして、ホンダ側のシステム制御や安全制御の技術を組み合わせる協働開発関係を構築することで、ソフトウェア開発のシームレス化と高速化、継続的な自動車分野のエンジニア育成、次世代向けモビリティー製品およびサービスの開発に取り組むとする。

協業イメージ(出典:SCSK)
協業イメージ(出典:SCSK)

 両社の協業領域は、次世代電子プラットフォームのOS、電動パワートレーン、先進安全・自動運転、インビークルインフォテインメントの4つになる。

 両社の協働活動では、主に上流工程を中心としてエンジニア育成と開発体制の拡大を進め、場所を問わないリモート開発環境や協働開発が可能できるオフィス設置を検討する。また、基礎教育向けプログラムの相互活用と新規開発、エキスパート人材の育成、業務ナレッジの蓄積および活用の仕組みづくりなども検討するほか、アジャイル開発プロセスの共同開発と、開発資産を生かした新たなツールチェーンの開発なども検討していくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]