ITサービスの大手ベンダートップ6にアクセンチュアが浮上--IDC調査

ZDNET Japan Staff

2023-07-11 17:14

 IDC Japanは7月11日、2022年の「国内ITサービス市場ベンダー売上ランキング」を発表した。売上額成長率が20%超のアクセンチュアが2021年の8位から6位に浮上した。

 同社によると、2022年の国内ITサービス市場規模は、前年比3.3%増の6兆734億円だった。売上高の上位5社は、2021年と同じく富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMの順だった。6位に浮上したアクセンチュアは2017年以降に2桁成長を続けており、IDC Japanは、アクセンチュアがデリバリー体制の拡大、ビジネスコンサルティングを起点にシステム構築、運用、ビジネスプロセスアウトソーシングまでのエンドツーエンドの全社変革支援を展開していることにより、売上額を伸ばしていると分析する。

 セグメント別では、プロジェクトベース市場において、上位10社のうちキンドリルを分社した影響を受けているIBMを除いた9社がプラス成長となり、国内ITサービス市場の拡大をけん引した。各社いずれも既存システムのクラウド移行やモダナイゼーション(最新化)、デジタルビジネス関連案件の需要の増加が主な成長要因だという

 またマネージドサービス市場では、従来型のITアウトソーシングでマイナスの影響があったものの、マネージドクラウドサービスの増加などプラスの影響もあり、IBM以外の9社中8社がプラス成長となった。他方で、サポートサービスは半導体/部材供給の遅れ、新型コロナウイルス感染症拡大下におけるハードウェア製品の特需の反動によって、上位10社中5社がマイナス成長となった。

2022年の国内ITサービス市場 主要ベンダーサービスセグメント別売上額、連結ベース、グルーブ外企業向け、暦年ベースのIDC定義に基づく推定値(出典:IDC Japan)
2022年の国内ITサービス市場 主要ベンダーサービスセグメント別売上額、連結ベース、グルーブ外企業向け、暦年ベースのIDC定義に基づく推定値(出典:IDC Japan)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]