Linuxノウハウ

「Linux」で複数のコマンドをパイプでつなぐには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-07-27 07:45

 今後の人生をコマンドラインに一切触れずに乗り切ることも可能かもしれないが、筆者はそれでもターミナルを使用することを選ぶ。コマンドラインは、効率的であるだけでなく、多くの非常に便利な小技を利用することもできるからだ。「パイプ処理」もそうした小技の1つである。

 基本的に、パイプ処理は最初のコマンドの出力を取得して、それを次のコマンドで使用する。好きなだけ多くのコマンドをパイプでつなぐことが可能だ。例えば、コマンドAの出力をパイプでコマンドBに渡した後、コマンドBの出力をパイプでコマンドCに渡し、コマンドCの出力をパイプでコマンドDに渡す、といったことができる。

 パイプ処理は、あるコマンドから次のコマンドにデータを渡し、そこで使用できるようにする。そして、そのプロセスを、最後のコマンドの実行が完了するまで実行する。データは常に左から右に流れる。これは重要な情報だ。データのパイプ処理は常に一方向に流れる。

「Linux」でパイプ処理を使用する方法

 必要なもの:Linuxのコマンドラインのパイプ処理は、すべてのLinuxディストリビューションで機能する。つまり、必要なのは、Linuxディストリビューションの実行中のインスタンスだけだ。

 パイプ処理されたコマンドの構文は以下のようになる。

 コマンド1 | コマンド2 | コマンド3

 「|」文字はパイプ処理を示し、bashはそれを実行する。

 最初に、パイプでつなぐコマンド群について説明しておこう。

1. 新しいファイルを作成する

 パイプ処理を実際に実行する前に、さまざまな色のリストを含む新しいファイルを作成する。以下のコマンドでファイルを作成しよう。

nano colors.txt

 そのファイルに以下の内容を貼り付ける。

Orange
Yellow
Red
Blue
Green
Purple
Black
Pink

 ファイルを保存して閉じる。

2. sortコマンドを使用する

 sortコマンドを使用して、colors.textファイルの内容をアルファベット順に並べ替える。

 それは、以下のコマンドで実行できる。

sort colors.text

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]