NECネッツエスアイ、自治体向けサブスク型サービスを提供--補助金申請業務をオンライン化

寺島菜央 (編集部)

2023-08-22 14:20

 NECネッツエスアイは8月22日、自治体の補助金・助成金活用に関わる各種業務システムをサブスクリプション型で提供する、「事業者申請支援サービス」の利用受け付けを開始した。同サービスの提供を通して、自治体のDXを推進し、域内事業者の利便性向上を実現するとしている。

 同サービスは、自治体の行政事務手続きをオンライン化するサービス群の第1弾として提供する。事業者からの補助金や助成金申請に関する業務をオンライン化するとともに、自治体内の決済フローや決済連携などをシームレスに電子化・自動化するという。

事業者申請支援サービスによる自治体業務のデジタル化のイメージ
事業者申請支援サービスによる自治体業務のデジタル化のイメージ

 同サービスは、同社が展開する事業ブランド「Symphonict(シンフォニクト)」で提供するマルチクラウド環境を活用した広域共同利用サービスとしても提供するという。これにより自治体単独での利用だけでなく、複数の自治体が共同で利用できるようになるため、自治体の導入コストと運用負荷の軽減を図れるとしている。

 同社によると、「地方公共団体情報システムの標準化に関する法律」によって定められた住民基本台帳関連業務や児童/子育て支援関連業務をはじめとする基幹20業務についてはデジタル化が進んでいるという。

 一方、基幹20業務以外の行政事務における自治体独自のDX推進については人材面やコスト面で課題を感じる自治体が少なくないと説明。同社では今後、基幹20業務以外の各種住民サービスや事業所サービスに事業者申請支援サービスの適用範囲を拡大していくとしている。

 また今後は、同サービスの利用を希望する自治体と先行的に共創実践に取り組み、そこで得た知見を基に2024年から国内の自治体に対して本格的に展開する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]