福岡ソフトバンクホークス、従業員や関係者の入退館管理に顔認証サービスを活用

NO BUDGET

2023-08-25 09:11

 福岡ソフトバンクホークスは、従業員や関係者の入退館に顔認証サービス「JCV SPARK」を導入した。日本コンピュータビジョン(JCV)が8月22日に発表した。

 JCV SPARKは、コンピュータービジョンによる認証・管理機能を提供する基盤サービス。福岡ソフトバンクホークスは、「顔検知から認証までが非常に迅速であり、通行量が多い出社ピーク時の時間帯でもスムーズな入館が実現できており、従業員から大変好意的な評価を得ている」とコメント。

 また、マスク着用時でも本人確認が問題なく実施できており、顔認証を採用することで入退館のセキュリティレベルを向上したとのこと。精度が高い認証が不正侵入の抑制や入退館オペレーションの効率化に役立っているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]