鴻池運輸、現場DX基盤で車両点検や新人教育を効率化

ZDNET Japan Staff

2023-09-12 14:50

 鴻池運輸は、現場の管理業務をデジタル化するクラウドサービス「カミナシ」を多摩営業所に導入した。車両点検業務や新人ドライバー教育の効率化に役立てている。サービスを提供するカミナシが9月12日に発表した。

 鴻池運輸は、「技術で、人が、高みを目指す」をキーワードに配送業務や管理業務のデジタル変革(DX)を推進している。その背景の一つには物流の「2024年問題」がある。働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、「自動車運転の業務」に対して年間の時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する諸問題だ。

 同社では、営業所単位で取引先や取り扱う荷物に特色があり、それに伴って業務内容も異なるため、営業所単位でのDXを推進する動きがあったという。多摩営業所は、車両点検業務のデジタル化・均質化、また新人ドライバーへのノウハウ共有の効率化、加えて点検結果を確認・管理する業務の効率化・電子化を目的にカミナシの導入を決めた。

 カミナシは、作業チェックなどの現場業務をデジタル化する現場DX基盤。これまで紙帳票や「Excel」で行っていた手書き情報のデータ化から集計、報告など、作業をノーコードでアプリにすることで、現場での正しい作業指示のの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現する。

カミナシの利用イメージ
カミナシの利用イメージ

 鴻池運輸の多摩営業所は、慢性的なドライバー不足のため、免許取得のサポートも含めた未経験者の採用を実施し、人材確保を最優先課題として取り組んでいる。取り扱う荷物によって車両が変わることから、安全運行のための車両知識を正しく、かつ効率良く新人に教育できる体制が現場では求められていた。

 カミナシの導入により、熟練ドライバーの車両点検ノウハウを基に点検内容を見直し、画像を用いて説明できるようになったため、点検のポイントや手順が新人ドライバーにも明瞭になり、育成コストや点検業務の効率化に大きく寄与した。

 また、これまでの車両点検は全て紙帳票でのチェックだったため形骸化していたり、管理者によるチェック・承認作業に時間がかかっていたりした。その作業がデジタル化したことで、ドライバーがスムーズに業務に取り掛かれるようになり、管理者の業務効率化につながっただけでなく、毎月1000枚以上発生していた紙帳票も削減した。

 今後は、点検業務の見直しや管理業務の効率化、ペーパーレス化などの成果を踏まえ、車両点検以外にも、倉庫などの温度管理や清掃記録など、紙で運用している業務のデジタル化に順次着手する予定としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]