調査

国内携帯各社のMECサービス、急速な台頭も将来性に複数課題--IDC

ZDNET Japan Staff

2023-10-12 10:26

 IDC Japanは10月12日、国内携帯通信各社のMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)サービス市場予測を発表した。新興市場で急速な台頭が見込まれる一方、将来性に幾つかの課題を抱えていると指摘している。

 同社は、MECを「デバイス近傍にサーバーやストレージなどのインフラストラクチャーを分散配置して、データ処理の応答性を早め、通信の最適化や高速化を可能にする技術」と説明する。現在は、NTTドコモの「docomo MEC」、Amazon Web Services(AWS)を用いたKDDIの「AWS Wavelength」、ソフトバンクの「5G MEC」などがある。

 MECの想定用途は、スマート工場、、機械やロボットの遠隔操作、高精細映像の伝送、拡張/仮想現実(AR/VR)の仮想空間表現や空間シミュレーション、自動運転、ゲームやメタバースなどがあるという。DXやデジタルツインなどに必須の技術になるとし、膨大なデータをデータセンターではなくMECで処理することで、応答性に優れた結果を得られるとする。

 同社は、この予測でMECのうちIaaSとPaaS相当のサービス市場を対象として、2027年の市場規模は138億円、2022年~2027年の年間平均成長率(CAGR)が69.6%になるとした。しかし、CAGRは2025年をピークに急減速し、急速に成長するも活用が本格化するのは、2027年以降になると予測している。

国内キャリアMECサービス市場 支出額予測:2022~2027年、出典:IDC Japan
国内キャリアMECサービス市場 支出額予測:2022~2027年、出典:IDC Japan

 国内携帯通信各社のMECについて同社は、技術面でさらなる高度化と十分な実用性の提供が必要であり、投資対効果(ROI)が不確実であることも大きな課題だと指摘する。MECは多拠点に展開する必要があり、これに多額のコストがかかる一方、MECで処理するデータの価値の予測が難しいという。さらに、クラウドやほかのエッジコンピューティングとの競合、シームレスな連携による相乗効果なども課題だとした。

 同社 Infrastructure & Devices リサーチマネージャーの小野陽子氏は、「基本的に市場競争と各企業の設備投資に任せるとしても、市場原理にのみ従っていては、データ活用によるマネタイズとキャリアMECへの設備投資の好循環が生まれにくい可能性がある。通信事業者単独で考えるのではなく、長期的ビジョンに基づき、通信業界、行政、産業界など部門横断で議論し、必要に応じて制度整備などを進める必要がある」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]