デル・テクノロジーズ、「Dell PowerFlex 4.5」発表--マルチクラウドの多用途性に対応

NO BUDGET

2023-10-19 10:59

 デル・テクノロジーズは、マルチクラウドの多用途性を提供する、ソフトウェアで定義するストレージの最新版「Dell PowerFlex 4.5」と、「PowerFlex」を基盤としたパブリッククラウド向けストレージソフトウェア「Dell APEX Block Storage for Microsoft Azure」を発表した。

 同時にPowerFlexが、「AWS Outposts」のデプロイと統合する製品を提供する「AWS Outposts Ready Partners」の指定を受けたことも発表した。

 PowerFlex 4.5はIAサーバーをベースにしたソフトウェアで定義するストレージで、スケールアウト型で拡張することによりパフォーマンスを直線的に向上させる。これによりユーザーは、多種多様なワークロードをシームレスに統合することができる。オンプレミス環境では、サーバとストレージを並行または独立した状態で拡張することもできる。

 さらに自動化ツールが組み込まれており、DevOpsプロセスを合理化できる。また自己修復型のアーキテクチャーによってダウンタイムを最小限に抑え、ビジネスの円滑な遂行を実現する優れたレジリエンス(回復力)を備える。

 加えてファイルの利用要件に対応する機能が大幅に強化された。単一のグローバルネームスペースによる容量の向上だけでなく、ストレージプール管理の一元化、NASサーバー数の4倍増や、ファイルスナップショットの22倍増といった数多くのメリットを提供できる。

 Dell APEX Block Storage for Microsoft Azureはクラウドの俊敏性とエンタープライズの機能を統合する。マルチクラウド環境において最も厳しい要件が求められるワークロードやSLAに合わせて、容量とパフォーマンスを増強することができる。

 Microsoft Azureインスタンスに導入することで、Azureサービスにおいてパフォーマンスや拡張性、レジリエンスなどの制限なしに、パブリッククラウドの多様なワークロードを実行できるようになる。

 また、マルチクラウド環境や複数の可用性ゾーンに対してシームレスなデータの移動性と相互運用性を提供する。これによりデータベースやアナリティクスから開発/テスト、仮想化、コンテナまで、幅広い範囲のブロック ベースのワークロードをMicrosoft Azureサービスで最適化できる。

 両製品はデル・テクノロジーズおよびビジネスパートナーから提供される。価格は個別見積もり。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]