25周年を迎えるSAP in インド--バンガロールのSAP Labs Indiaを訪ねる

末岡洋子

2023-11-10 06:00

 Microsoft、Alphabet(Google)、IBMの最高経営責任者(CEO)など、ハイテク人材を多く輩出しているインド。14億の人口を抱え、2022年の国内総生産(GDP)成長率は7%と、まもなく日本(2022年3位)やドイツ(同4位)を超えて、世界ナンバー3になることが予想されている。

 そのインド南部に位置するのがバンガロールだ。ハイテク企業が拠点を構え、優秀なIT人材が集まっていることから「インドのシリコンバレー」と言われることもある。SAPが「SAP Labs India」としてインドに開発拠点を設けたのは1998年であり、“インドブーム”の前のことだ。現在、同社の世界の研究開発活動の40%がインドという。

 SAPが11月始めに開催した「SAP TechEd Bangalore 2023」に合わせて、バンガロールにあるSAP Labs Indiaを訪問した。

(取材協力:SAPジャパン)

バンガロールの東に位置するSAP Labs Bangalore Campus。11月でちょうど25周年を迎えた。231.4エーカーという巨大なキャンパスは5つの建物と広大な庭で構成され、食堂はもちろん、卓球などの運動施設もあるとか。手狭になってきたこともあり、SAPはバンガロールに新拠点を建設中という。SAPはバンガロールのほか、ムンバイなど4拠点をインドに持ち、合計1万4000人の開発者が勤務する。

バンガロールの東に位置するSAP Labs Bangalore Campus。11月でちょうど25周年を迎えた。231.4エーカーという巨大なキャンパスは5つの建物と広大な庭で構成され、食堂はもちろん、卓球などの運動施設もあるとか。手狭になってきたこともあり、SAPはバンガロールに新拠点を建設中という。SAPはバンガロールのほか、ムンバイなど4拠点をインドに持ち、合計1万4000人の開発者が勤務する。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]