「Windows App」のプレビューが公開--各種OSからWindowsデバイスへアクセス

ZDNET Japan Staff

2023-11-17 10:25

 Microsoftは米国時間11月16日、開催中のイベント「Microsoft Ignite」で「Windows App」のプレビューを公開した。このアプリにより、あらゆる種類のデバイスやプラットフォームから、クラウド上のWindowsデバイスやアプリにアクセスできるという。

Windows App
提供:Microsoft

 このアプリがゲートウェイの役割を果たすため、Windowsデバイスやアプリと安全に接続し、「Azure Virtual Desktop」「Windows 365」「Microsoft Dev Box」「リモートデスクトップサービス(RDS)」やリモートPCを利用できる。

 「Windows」「macOS」「iOS」「iPadOS」で利用可能。デスクトップとノートPCからブラウザー版を介してもアクセスできるため、その場合はアプリをインストールする必要はない。

 ホームスクリーンはワークフローに合わせて、カスタマイズできる。一カ所から複数のサービスやリモートPCにアクセスしたり、最も頻繁に利用するものをピン留めしたりできる。複数アカウントを利用している場合は、アカウントを簡単に切り替えられる機能も用意されている。

 また、マルチモニター対応、カスタムディスプレイ解像度、動的なディスプレイ解像度とスケーリング、周辺機器のリダイレクト、「Microsoft Teams」の最適化といった機能を提供する。

 Windows Appのプレビュー版は、同社ウェブサイトからダウンロードできる

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]