有田市、ネットワーク環境強化でLGWAN経由でクラウドサービスを利用

NO BUDGET

2023-11-27 07:32

 和歌山県有田市は、総合行政ネットワーク(LGWAN)での業務ソフトウェア軍「Microsoft 365」との連携やクラウドストレージ「OneDrive」などクラウドサービスと安全に接続するため、A10ネットワークスの統合型セキュリティ製品「A10 Thunder CFW」を採用した。

 A10 Thunder CFWは、アプリケーション配信、ファイアウォール、IPSec VPN、セキュアウェブゲートウェイ、DNS over HTTPSなどのセキュリティ機能を一つに集約したセキュリティプラットフォーム。通信制御の機能では、クラウドサービスのドメイン名を基に、通信を柔軟かつ正確に振り分け、ネットワークのひっ迫にも対応する。

 また自治体情報システム強靭性向上モデルの「αモデル」のネットワーク環境において、LGWAN接続系の端末からの通信を集約し、Microsoft 365の通信を直接インターネットに振り分けることも可能だ。さらにインターネット回線の負荷分散も担い、レスポンス低下やアクセス遅延を防ぎ、不定期に更新されるMicrosoft 365ドメインの自動更新にも対応する。

有田市のネットワーク構成図
有田市のネットワーク構成図

 今回の導入で、有田市はLGWAN接続系内の300ユーザーが特定のクラウドサービスにアクセスできる環境を構築した。これにより、Microsoft 365のライセンス認証や「OneDrive for Business」の利用、グループウェアやクラウドサービスとの連携が可能になる。

 同市ではMicrosoft 365の導入が決まったことを機に、利用できる機能を最大限活用できるネットワークを整備しようと考え、自治体への導入実績が豊富なA10 Thunder CFWの採用を決定した。

 将来的な構想として、LGWAN接続系端末でビジネスチャット「Teams」やウェブ会議システム「Zoom」などの利用も検討している。またインターネット接続系においてもセキュリティクラウドを経由することで利用しづらくなるクラウドサービスとの接続を実現していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]