東亜ディーケーケー、クラウドオファリング「RISE with SAP」を採用

NO BUDGET

2023-11-28 13:54

 総合計測機器メーカーの東亜ディーケーケーは、経営改革を支えるシステム基盤として、SAPのクラウドERPである「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用した。システムの導入・構築は、コムウェアが担当する。SAPジャパンが発表した。

 東亜ディーケーケーは、売上高200億円の早期実現のため、グローバル社会の潮流変化に柔軟かつ即時に対応できるよう業務の見直しと再構築を目指しており、それを支えるITによる経営基盤の再構築を検討していた。

 さまざまなシステムを検討した結果、S/4HANA Cloudの製造および中堅企業における多数の実績が決め手となり、今回の採用に至った。

 新システムにより、グループ各社の業務プロセスの標準化による業務効率の向上や、主要製品のサプライチェーン管理とバリューチェーンの構築を進める。これによりコストの可視化を実現し、「PDCA」強化などグローバル標準の業務の骨格を構築する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]