生成AIは講師の役目を果たすか--英会話学習アプリ「スピークバディ」に迫る

大場みのり (編集部)

2023-12-05 14:50

 生成AIを活用した英会話学習アプリ「スピークバディ」を提供するスピークバディは12月4日、生成AI活用普及協会(GUGA)の協議員を務める森川智貴氏を招き、生成AIと教育・学習の未来について語るラウンドテーブルを開催した。GUGAではさまざまな業界/業種の生成AI有識者が協議員として集まり、生成AIの普及プロセスや想定されるリスクなどを議論している。

代表取締役社長の立石剛史氏(左)とGUGA 協議員の森川智貴氏
代表取締役社長の立石剛史氏(左)とGUGA 協議員の森川智貴氏

 スピークバディの英会話機能「バディチャット」では、AIキャラクター「AIバディ」と会話することで、発音、フレーズ、単語、イディオムなどの体系的な学びを図る。同機能は、「ChatGPT」のAPIを活用して開発された。

 バディチャットにはビジネス/日常会話などさまざまなシチュエーション・難易度のコンテンツが用意されている。受講者はAIバディとの会話を通して、各レッスンで1フレーズを学習する。学習後、会話履歴が音声とともに表示され、文法などのミスがあった場合は指摘してもらえる。

 システムの裏側では、音声認識で受講者の発言を文字起こしし、自然言語処理と機械学習(ML)で内容を分析。この情報を基に、会話生成AIが文脈に沿った応答を生成する。音素分析で発音の正確さを評価するとともに、アルゴリズムを用いて学習の提案を行う(図1)。スピークバディではAIの活用に加え、「第二言語習得理論」に基づいた学習設計により、効率的な学習が可能になるという。

図1:バディチャットで活用されている技術
図1:バディチャットで活用されている技術

 代表取締役社長の立石剛史氏は「当社は2016年からスピークバディを提供しているが、ChatGPTのAPIが登場し、音声認識と合成音声、会話生成AIを組み合わせたら、AI英会話というものが容易に作れるようになった」と所感を述べ、「当社が差別化できる点として、ML、自然言語処理、音素分析、アルゴリズムなどを含めて開発していることがある。今後AIとのスムーズな会話はコモディティー化していくが、われわれは『効率的なカリキュラム』『楽しく学習できるUX(ユーザー体験)』といった強みも持っており、コアな部分を実装してこそ意味のあるサービスになるだろう」と自信を見せた。

 森川氏は「オリジナルのチャットボットを作れる機能『GPTs』がChatGPTに搭載され、参入障壁が低くなっている。一方、本気で法人格として世の中にサービス提供しようとすると『ラストワンマイルが長すぎる』と感じる」とコメントした。

 AIバディは約40種類存在しており、同社はあらかじめ彼らの出身地や職業、性格などを設定している。プロンプトエンジニアリングによる制御を行うことで、AIバディが本人のキャラクターに沿った発言をすることを実現しているという。公序良俗に反する会話は禁止しており、不適切な発言にはAIバディが表情を曇らせ、会話を中止する設計にしている。

 スピークバディの総利用者数は300万人以上に上る。法人導入実績は100社以上で、サントリーや三井不動産、ブリヂストンなどが名を連ねる。企業では海外人材の採用やインバウンド対応、教育機関ではスピーキング力の強化といったニーズのもと導入されている。税込の料金は、1カ月プランが3300円、6カ月プランが1万7800円、12カ月プランが2万3800円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]