シャープと東北大、量子技術で1000台規模の自動搬送ロボットの同時制御を研究

ZDNET Japan Staff

2023-12-19 12:20

 シャープと東北大学は12月19日、量子アニーリング技術を応用して1000台規模の自動搬送ロボット(AGV)を同時制御する研究開発を始めたと発表した。既に500台規模では実現しているという。

 シャープは、20年以上前から自社の生産設備で培った技術を生かしてAGVを開発しており、独自の集中制御システム「AOS」(AGV Operating System)で最大500台のAGVを同時制御できるという。東北大学は、量子アニーリングなど量子コンピューティング分野に関する多様な研究を行っている。

 今回の研究は、残業規制の強化や人手不足の深刻化を抱えながら、荷物輸送の増加と多様化への対応を迫られている物流業界向けの取り組みになる。これまでより大規模にAGVを運用できるようにして、物流倉庫の省人化と業務効率化を図ることを目指す。

 量子アニーリングは、膨大な組み合わせのパターンから最適なパターンを高速算出することに適した計算技術。研究では「シミュレーテッド量子アニーリング」を応用し、従来技術では計算に数日を要した1000台規模のAGVの一元管理する同時制御のパターンを瞬時に計算できることを目指す。

 物流では商品の多量・多品種化が進み、倉庫内のAGVの稼働環境も複雑化しているとする。研究では、ピッキング順序や商品の配置、倉庫全体のレイアウト設計などにも応用し、2024年度中に試作機の実証実験、2025年度中の実用化を計画している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]