海外コメンタリー

ビル・ゲイツ氏がAIに期待する地球規模での医療の改善

Gael Fashingbauer Cooper (Special to CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-12-31 06:30

 Bill Gates氏は、2023年は最初の孫が生まれた年であり、自分にとって永遠に特別な1年になるだろうと述べた。そして2023年は、「ChatGPT」の登場によって人工知能(AI)がメジャーになった年でもあった。Gates氏は、自分の孫娘がこれから生きていく世界は、AIによって良い方向に変わっていくだろうと考えている。

両手を広げて語るBill Gate氏
2023年9月21日、The New York Timesが主催した「Climate Forward」カンファレンスで語るBill Gate氏
提供:Bennett Raglin/Getty Images for The New York Times

 Microsoftの共同創業者であり、数十年にわたってPC時代をけん引してきた人物であるGates氏は、技術革命のことをよく知っている。同氏は、2024年はAIにとって記念碑的な年になると予想するとともに、AIはグローバルヘルスにとって重要な存在になりつつあると述べている。同氏は数十年にわたって、自分の名前を冠した財団でグローバルヘルスの問題に取り組んできた。

 Gates氏は、自身のブログサイトである「GatesNote」に投稿した長文の記事で、「私たちは、AIが自力でやれるのはどんな種類の仕事なのか、どんな仕事なら副操縦士(copilot)が務まるのかについて、以前よりも理解できるようになった」と書いている。「そしてAIが、多くの人が教育やメンタルヘルスなどを手に入れられるようにするためにどう役立つかも明確になってきた。そのため私は、この技術を世界中で目にする恐ろしい不公平を減らすために役立て、その不公平をかえって助長してしまうことがないようにしたいと考えるようになった」(同氏)

AIの年

 2023年はAIにとって(より具体的に言えば、生成AIにとって)、大きな1年だった。生成AIは、ほかの種類のAIよりも一歩先に進んでいる。生成AIは、データから読み取ったパターンを元に、テキストや画像、音声、動画などの新たな素材を生み出すことができる。

 ほかの形態のAIも、すでにスマートホームや、「Alexa」などのAIを使用したバーチャルアシスタントの形で家庭や大衆文化に入り込んでいたが、2022年の終盤にOpenAIのChatGPTが発表されたことで、生成AIが一気に世間の注目を集めるようになった。

 この1年間でさまざまな生成AIツールが猛烈な勢いでリリースされたが、ChatGPTはその先頭を走っており、スマートフォンやノートPCで、AIを使って誰でも情報や画像を作成できるようになった。これらのツールは、膨大な量のデータをもとにトレーニングされており、人間のクエリーに対して、新たに回答を生み出して返すことができる(ただし、それがどの程度成功しているかは、ものによって異なる)。OpenAIの最高経営責任者(CEO)であるSam Altman氏は11月、毎週1億人以上がChatGPTを利用していることを明らかにした。MicrosoftはOpenAIに多額の投資を行っている。

 しかしほかの企業も、素直にMicrosoftにテリトリーを明け渡そうとしているわけではない。例えばGoogleは12月上旬、同社のAIチャットボット「Bard」をアップデートして、テキストベースのチャット能力を改善した新しいAIモデル「Gemini」を導入した。ほかにもさまざまなIT企業が、検索エンジンやスマートフォンなど、あらゆる種類のプログラムやデバイスに生成AIの機能を組み込もうとしている。

 GlobalDataによれば、投資家は2023年に100億ドル(約1兆4000億円)を生成AI関連のベンチャー企業に投じたという。これは前年の44億ドル(約6200億円)の2倍以上だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]