「Firefox」興亡史:一時代を築いたブラウザーの歴史と衰退

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2024-01-12 06:30

 1998年にウェブブラウザー「Netscape」のソースコードがオープンソースとして公開されたのは、絶望的な状況を打開するための一手だった。

Firefoxのロゴが表示されたタブレット
提供:Sarah Tew/CNET

 Netscapeと米司法省は、Microsoftの「Windows」と「Internet Explorer(IE)」が独占禁止法に違反していると訴えた裁判では勝利したが、Netscapeは結局救われなかった。かつては最も人気のあるブラウザーであったNetscapeの運命は尽きた。同社の初期の従業員だったJamie Zawinski氏は当時、コードの公開に関して、「瀕死のプロジェクトに『オープンソース』という魔法の粉をかけたところで、魔法のようにうまくいくようなことはない」と語っている。

 それでもNetscapeのコードが公開されたことは事実であり、Mozilla Projectは、そのソースコードを元に、インターネットのさまざまなアプリケーションに利用できる汎用クライアントを作った。また2002年には、そのクライアントが純粋なウェブブラウザーである「Firefox」に生まれ変わった。この年には、インターネットユーザーの90%以上がIEを使用していた

 しかし、Firefoxはその状況から順調にシェアを拡大していく。まずNetscapeの愛用者や、オープンソースや「Linux」のファンがFirefoxに移行し、その後時間が経つにつれて、多くの人に支持されるようになった。2010年の夏には、Firefoxのシェアが最高記録である34.1%に達している

 しかし、それからは下がる一方だ。

 これは以前からのことだが、どのブラウザーが本当に最もよく使われているウェブブラウザーかを把握するための正確なデータを手に入れるのはかなり難しい。というのも、NetMarketShareStatcounterなどをはじめ、十分な統計を持っていると主張する企業はいくつもあるのだが、それらの企業はそれぞれ独自の手法を採用しているからだ。

 しかし米政府の「Digital Analytics Program(DAP)」が提供しているデータを使えば、米国政府のウェブサイトへのアクセスに関する直近90日分の生データが得られる。このデータでは世界的なブラウザーの利用状況は分からないが、米国のウェブブラウザーユーザーに関して言えば、最も優れた情報源だと言えるだろう。

 DAPが提供している過去90日間、52億7000万回分のアクセスデータ(本稿執筆時点)によれば、現在最もよく使われているブラウザーは(おそらく読者の予想通り)「Google Chrome」で、シェアは47.9%だった。一方、Firefoxのシェアはわずか2.2%であり、取るに足りない存在になりつつある。

 米国での「iPhone」人気のおかげで36.2%のシェアを持っている「Safari」や、8.3%の「Edge」はどちらもFirefoxを上回っている。一方IEは、2022年には完全にリストから外れてしまった。

 Firefoxの衰退はなにも新しい話ではない。2021年のシェアは2.7%で、2022年にはさらに2.6%に低下していた。筆者がDAPの統計を追い始めた2015年には、Firefoxが11%の市場シェアを持っていたが、2016年にはすでに8.2%にまで縮小している(もっとも、2018年には9%と若干持ち直した)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]