キンドリル、日本法人の新社長を任命--上坂氏はエグゼクティブアドバイザーに就任

ZDNET Japan Staff

2024-02-02 10:40

 キンドリルジャパンは2月2日、取締役 副社長執行役員のJonathan Ingram氏が2024年4月1日付で同社社長に就任すると発表した。現職の上坂貴志氏は、同社のエグゼクティブアドバイザー カスタマー・パートナー・リレーションシップに就任する。

 上坂氏の後任となるIngram氏は、同社副社長に就任する以前、欧州の大手金融機関でマネージングパートナーとしてインフラストラクチャーサービスを提供するグローバルチームを統括し、DevOpsによるサービスの柔軟性向上やモダナイゼーションを推進してきた。プライベートクラウド、パブリッククラウド、メインフレーム、デジタルワークプレイス、ヘルプデスクサービス、サービスの統合・管理を活用し、組織の環境をモダナイズする方法を深く理解しているとのことだ。

キンドリルジャパンの新社長に就任するJonathan Ingram氏
キンドリルジャパンの新社長に就任するJonathan Ingram氏

 上坂氏は、自身が築いた顧客との関係や、「Kyndryl Bridge」などによるデリバリーシステムのモダナイゼーションに関する専門知識、プロジェクトマネジメントの経験を生かし、企業のトランスフォーメーションを支援していくという。同氏は2021年に社長に就任して以来、社内プロセスやシステムの新プラットフォーム導入に伴う自社環境の大規模移行や企業文化改革に尽力してきた。

 Ingram氏は発表資料で、「次期社長として日本のお客さまに貢献できることを光栄に思う。キンドリルは、日本のお客さまとの間に数十年もの長期にわたる信頼関係を築いてきた。これは、お客さまにとって必要であり、またお客さまが当社に期待しているサービスの品質を重視してきたことにより築かれたものになる」と述べる。

 加えて、「私が重視するのは、お客さまのミッションクリティカルなシステムを管理し、革新的な新しいサービスを提供し、スキル開発に投資する際に、お客さまの重要なパートナーであり続けることだ。このたび新たな役職に就任した上坂と緊密に協力し、彼が過去3年近くにわたってお客さま、パートナー、従業員、地域社会のために成し遂げた素晴らしい仕事をさらに発展させていく」と意気込みを語った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]