日立ハイテク、クラウドアーカイブソリューションを導入--月間30万枚以上の証憑類を電子化

NO BUDGET

2024-02-19 07:32

 OpenTextは、日立ハイテクがクラウドアーカイブソリューション「OpenText Core Archive for SAP Solution」を導入したと発表した。

 今回の導入により社内証憑(しょうひょう)89種類のうち、最も枚数の多い納品書(月当たり35万枚)と請求書(同2.5万枚)をペーパーレス化でき、これらの書類に関する倉庫保管料の削減や業務効率化を実現した。

 このほかに、「SAP S/4HANA Cloud」の標準ワークフローに合わせて業務を整理することで、請求書の業務フローでは紙の支払依頼票を廃止し、さらに伝票と証憑をデジタルに連携することで社内管理文書も廃止できた。また紙の書類を処理するためだけに出社する必要がなくなり、財務部門のみならず、各部門の担当者や承認者が時間や場所にとらわれることなく証憑を回覧できるようになった。

 電子帳簿保存法(電帳法)への対応では、電子保管を前提とする業務プロセスに改めることができ、スムーズに業務の切り替えが進んだ。セキュリティ向上の面では文書の持ち出しがなくなり、原本の紛失防止も実現した。またワークフローの活用により計上作業のヌケ・モレも防止できるようになった。

 OpenText Core Archive for SAP Solutionは、SAPおよび非SAPデータをコスト効率良く安全に管理するクラウドアーカイブソリューション。日立ハイテクは標準機能の範囲でSAP S/4HANA Cloudと一体となった添付伝票の管理ができ、SAP S/4HANA Cloud内で証憑の添付や検索等の操作を完結できる点を評価した。またSAP S/4HANA Cloudのワークフローと連動可能なことも採用のポイントになった。

 同社では従来、請求書は支払依頼票とワンセットにして紙で回覧し、納品書も紙で回覧していた。財務部門の担当者は証憑を見ながらSAPに入力していたが、入力後の証憑を倉庫で保管していたため、システムとのひも付け作業も人手によるアナログ管理となっていた。

 日立ハイテクでは、今後も証憑の重要度に応じてペーパーレス化を拡大していく計画で、必要に応じて国内拠点やグループ会社、将来的には海外拠点にも展開していくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]