COMPASS、AI型教材とデジタル教科書を連携--個別最適な学びを提供

NO BUDGET

2024-02-22 16:47

 COMPASSは、同社が提供する学習eポータル+AI型教材「Qubena」と、教育出版が提供するデジタル教科書とのアプリケーション間連携について2025年度より実証を開始する。

 COMPASSは、教育出版のデジタル教科書と、教科書に準拠した問題を搭載したQubenaのAI型教材を相互接続することで、より学びやすく、より個別最適に学ぶことができるとしている。また、今後ほかのデジタル教科書や学習サービスとの相互の連携を見据えた汎用(はんよう)的なメタデータのあり方についての検討を行う。

連携イメージ
両者の連携イメージ

 COMPASSは、2021年度にAI型教材Qubenaの小学校・中学校の5教科対応版をリリースした。その後2022年9月にはMEXCBTとの連携を行い、学習eポータル+AI型教材Qubenaとしてサービス提供を開始している。MEXCBTは公的CBTプラットフォームで「文部科学省CBTシステム」のこと。

 さらに、文部科学省検定済の教科書に準拠した問題をQubenaのAIが児童・生徒一人一人の習熟度に合わせて出題し個別最適に学ぶことができるプログラム「Qubena 教科書×AI コンテンツ」を2023年11月よりリリースしている。

 同プログラムは全国の児童生徒のアダプティブラーニングによる知識・技能の習得を支援している。全国170以上の自治体、小中学校約2300校で100万人以上が利用しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]