富士通とJR貨物、鉄道車両の管理システムを共同展開

NO BUDGET

2024-03-12 13:51

 富士通と日本貨物鉄道(JR貨物)は、鉄道車両のメンテナンス業務のための「車両管理システム」を全国の鉄道事業者に共同展開していくと発表した。

 車両管理システムは、標準機能に業務を合わせる「Fit to Standard」コンセプトを採用している。ベースとなる基本システムのマスターに個社ごとのデータを設定して展開する。両社の役割は、富士通がシステム導入、JR貨物が車両情報の初期投入、検査記録表の基本様式作成支援などのシステム導入時のサポートを実施する。

車両管理システムの共同展開のイメージ図
車両管理システムの共同展開のイメージ図

 このシステムでは、鉄道の車両や部品の状態、メンテナンスの計画から状態確認、処置対応の記録などの情報を一元管理する。また、現場で行う検査内容の記録業務をタブレットなどを活用して電子化する。これにより、鉄道車両のメンテナンス業務の省力化、検査データに基づく検査周期の最適化が実現するという。

 さらに、同システムの検査記録表の基本様式作成機能を使い、検査種別の新規追加や検査項目の変更も柔軟で容易に実施できるという。これにより新しい法令や新型車両に対する迅速な追加対応ができる。次回検査期限の自動計算やアラート機能などに搭載し、作業品質の精度の向上が図れるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]