東急セキュリティら、東急電鉄駅で画像解析活用の警備オペレーションサービス開始

NO BUDGET

2024-03-19 14:15

 東急セキュリティとアジラは、東急電鉄の協力のもと、田園都市線田奈駅・つきみ野駅へセキュリティシステム「TS-Zero」の画像解析サービスを提供開始した。

 導入した駅構内では、発生した旅客のトラブルや転倒・長時間の滞留を検出する。その際の映像を東急セキュリティ画像監視センターで監視員が確認し、必要に応じて駅係員と警備員が連携して速やかに対応できるようにする。

 TS-Zeroは、東急セキュリティの「クラウド録画式防犯カメラ」や「AI画像解析技術」と、警備オペレーションを組み合わせたサービス。カメラの活用幅を広げ、安全性の向上・警備品質の高度化・業務効率化を実現する。同サービスでは、アジラのAI警備システム「AI Security asilla」(asilla)を活用している。

 asillaは、行動認識AI技術を基にした防犯・見守りシステム。既存のカメラをAI化し、異常行動(転倒、卒倒、ケンカ、破壊行動)や不審行動(千鳥足、ふらつき、違和感行動)を検出した時のみ、瞬時に映像を通知する。これにより、映像を監視する警備員の業務を軽減でき、見逃しや見落としも防止するという。

 これまで両社は東急電鉄でTS-Zeroの実証実験を繰り返し行い、asillaの解析精度向上を確認した。それに伴い警備のオペレーションも確立できたことから、今回の導入に至った。東急電鉄は、引き続きTS-Zeroを活用した駅係員・警備員対応連携により、事件・事故などに早期に対応し、東急線のさらなる安全対策強化とサービス向上を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]