セキュリティ現場が期待するAI活用と自動化--鍵は指標のMTTDとMTTR

國谷武史 (編集部)

2024-03-22 08:55

 パロアルトネットワークスは3月21日、国内企業のセキュリティ運用とAIや自動化の活用状況について調査した結果を発表した。AIの活用や自動化の取り組みでは成果を意識し、指標を活用することが鍵になるとしている。

 調査は、従業員数500人以上および年商500億円以上の企業に在籍するセキュリティの管理者と業務担当者を対象として2023年11月2~7日にアンケートを行い、392人から回答を得た。

セキュリティ監視・運用の体制状況
セキュリティ監視・運用の体制状況

 それによると、まずセキュリティ監視・運用体制は、61%が「社内組織と外部委託の組み合わせ」、22%が「外部委託のみ」、15%が「社内組織のみ」と回答した。課題では「ログやアラートの量の多さ」(39%)や「インシデントを把握するまでの時間の長期化」(36%)、「アラートの優先度付けの難しさ」(35%)、「インシデント対応に要する時間の長期化」(32%)、「アラート対応による人の疲弊」(29%)などが挙げられた。

パロアルトネットワークス チーフサイバーセキュリティストラテジストの染谷征良氏
パロアルトネットワークス チーフサイバーセキュリティストラテジストの染谷征良氏

 調査結果を説明したチーフサイバーセキュリティストラテジストの染谷征良氏は、企業のセキュリティ動向について、DX推進やクラウド化などでサイバー攻撃などの対象となる領域が拡大し、企業間取引の盲点を突いたサイバー攻撃などの脅威が台頭し、ビジネスのリスクが高まっていると指摘。また、ステークホルダー(利害関係者)への影響も高まり、世界各国でサイバーセキュリティ政策やデータプライバシー規制などの強化も進んでいるとした。

 サイバー攻撃などの脅威が高度化し、侵害や情報漏えいなどのインシデントの被害も拡大している。同社が実際に対応を支援したインシデントでは、サイバー攻撃者の侵入から情報漏えいまでの期間が平均2日だったが、45%は1日以内だった。一般的に侵入を検知するまでに数十~数百日を要することが多いものの、現在の主要なセキュリティや個人情報保護などの法制度では、おおむね検知から数日以内に当局へ通知することを求めている。

 こうした状況から染谷氏は、企業ではインシデントの迅速な検知と対応が必須だと指摘する。だが、企業は平均で数十種類のセキュリティツールを導入しており、監視範囲の広がりや関連するログやデータの増加もあって、調査で83%が外部委託を利用していたように、セキュリティ運用が難しいものになっている。そこで、セキュリティ関連のデータや情報の分析作業などにAIを活用したり、アラートなどの対応処理プロセスを自動化する技術など導入したりすることが期待されている。

AI活用状況
AI活用状況

 調査でセキュリティ業務の改善にAIを活用している企業は23%、今後に予定・検討する企業は82%だった。AIの主な活用目的は「内部不正の兆候の検出」(65%)や「サイバー攻撃の兆候の検出」(64%)、「未知の脅威の検出」(60%)。AIを活用する上での主な課題は「どこまでかが不明瞭」(43%)や「対応させる役割が不明瞭」(38%)、「AI活用のための作業に時間を割けない」(29%)などで、「AIに(セキュリティ専門家としての)仕事を奪われる」は17%と、AI活用に前向きな回答が目立った。

自動化活用状況
自動化活用状況

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]