ArmベースのWindows PCに最適化した「Chrome」、今週提供へ

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-03-27 13:04

 Googleは、Armベースのプロセッサーである「Snapdragon」を搭載した「Windows」マシン上で動作する、新バージョンの「Chrome」ブラウザーの提供を今週開始すると発表した。ハードウェアとOSに向けて完全に最適化されているため、ブラウジングはより高速かつスムーズになるはずだ。

Windows搭載ノートPC
提供:Kerry Wan/ZDNET

 Qualcomm Technologiesのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)Cristiano Amon氏は、「Chromeの新たなバージョンにより、2024年中盤以降のWindowsコンピューティングを支える最上位プラットフォームとしての『Snapdragon X Elite』の役割が確固たるものになるだろう」と述べた。

 Snapdragon X Eliteを搭載するPCは、2024年の中盤に登場する見込みだ。

 Snapdragon X Eliteは12基の「Oryon」コアを搭載しており、Qualcommによると、Intelの第13世代「Core i7-1360P」や「Core i7-1355U」と比べて2倍高速で、消費電力は最大68%少なくなるという。このため、バッテリー持続時間も大きく延びる可能性がある。

 Arm版の新たなChromeには、生成型の人工知能(AI)ツールである「Help Me Write」も搭載されており、新たなドキュメントの執筆や、既存ドキュメントの洗練に役立てることができる。ユーザーはまた、Chromeが持つ豊富な拡張機能やテーマにもアクセスできる。

 ArmベースのWindowsマシンはまだ選択肢が少ないものの、Googleは今後数年でその数が増えていくと考えているようだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]