GSユアサ、サイバー攻撃対策で「Attack Surface診断サービス」を導入--海外拠点などのIT資産も監視

NO BUDGET

2024-03-28 06:45

 蓄電池大手のジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)は、同社の海外拠点やサプライチェーン(供給網)を含めた広範囲のセキュリティ高度化に向けて、「Attack Surface診断サービス」を導入した。JBCCが3月26日に発表した。

 アタックサーフェスとは、インターネットなど外部から攻撃される可能性のある領域のこと。同サービスはクラウドサービスを使ってインターネットから攻撃可能な資産を特定し、その脆弱(ぜいじゃく)性を検証してリスクを評価する。その上で把握できていない公開資産を発見し、未把握資産のリスクや危険性を診断すると同時に、JBCCのセキュリティ専門家がレポートを作成、必要なセキュリティ対策を提言する。

「Attack Surface診断サービス」の適用範囲
「Attack Surface診断サービス」の適用範囲

 GSユアサは今回の導入によって、JBCCのアナリストが企業情報などから精査を行い、M&A(合併・買収)によって分散している資産も特定した。さらに広範囲で検出可能なツールで、ホスティングなどで公開されているサービスも資産として検出した。

 またセキュリティリスクをツールで可視化し、国内外を網羅してリアルタイムの実態把握を実現できた。その上で海外拠点・専任のIT部門をもたないグループ会社のリスク評価も一元化し、セキュリティレベルの統一が可能となった。加えて、JBCCのセキュリティエンジニアがセキュリティ対策のアップデートを支援し、固有のシステム環境に即した重要度や優先順位を提言している。

 これまで同社は、クラウド活用の本格化やテレワークの普及によって、さまざまな拠点から各種システムにアクセスできるようになり、外部に公開されたIT資産が増加していた。これにより海外拠点や取引先を含めたセキュリティの実態を把握することが困難になっていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]