日立ヴァンタラが営業開始--データインフラ事業のグローバルリーダー目指す

ZDNET Japan Staff

2024-04-01 09:57

 日立ヴァンタラは4月1日、ストレージやサーバーなど、データインフラストラクチャーに関する開発・生産を担ってきた日立製作所のITプロダクツ事業部門を吸収分割によって承継し、同日付で営業を開始したと発表した。

 同社は、ストレージ仮想化やデータ保護など、ミッションクリティカル領域で大規模データを安全に蓄積・活用するための技術を有する、データインフラストラクチャーの専門会社になる。北米に拠点を置くHitachi Vantaraとの連結経営となり、製造・販売・サービスを一体化することで、生成AIやハイブリッドクラウドなどの市場ニーズにあったソリューションを迅速に開発し、グローバルに展開することを目指す。

 日立ヴァンタラ 取締役社長の島田朗伸氏は声明で、「日本で磨き上げた高信頼なモノづくりの技術と、海外のスピード、アジャイル型のビジネスアプローチをハイブリッドに融合した新会社になる。長年社会インフラを支えてきた製品群に加え、海外の先進的なテクノロジーやニーズを取り込んだ生成AI共通基盤などの新しいソリューションを、グローバルで一貫した製品供給・サポート体制で迅速に展開する。そして、データインフラストラクチャーで世界のリーダーとなり、お客さまや社会のイノベーションを支援していく」とコメントする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]