グーグル、LLM搭載のクラウドセキュリティ製品を発表

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-05-07 09:35

 生成人工知能(AI)は、Googleのような企業がサイバーセキュリティ防御ソリューションの開発を強化し、脅威の検知能力と対処能力を効率化するのに役立っている。同社は最新の脅威対策製品で、複数の高性能な脅威インテリジェンスとAIを組み合わせ、チームのサイバーセキュリティ対策を最適化しようとしている。

 Googleは米国時間5月6日、セキュリティイベントの「RSA Conference」で「Google Threat Intelligence」を発表した。これは企業を対象とした「Google Cloud」セキュリティソリューションの新製品で、「グローバルな脅威の状況についてこれまでにない可視性」を提供することを目指したものだと、同社はリリースで述べている。

 Google Threat Intelligenceの価値は、複数の企業や組織の専門知識が組み合わされたところにある。これには、Google自身が数十億のシグナルから獲得した脅威インサイト、サイバーセキュリティ企業のMandiantが現場で獲得した専門知識、ウイルススキャンサービスのVirusTotalが100万人を超えるユーザーコミュニティから獲得したインサイト、セキュリティコミュニティのオープンソースインテリジェンスなどが含まれる。

提供:Google
提供:Google

 企業は、脅威の状況を把握できるこうした機能を活用し、そこから得た情報を自社のアプローチに役立てられる。「Google Threat Intelligenceはこの包括的なビューにより、外部脅威の監視、アタックサーフェス(攻撃対象領域)の管理、デジタルリスクの保護、侵害指標(IoC)の分析、専門知識など、企業がさまざまな手段で組織を保護できるよう支援する」と、Googleはリリースで述べている。

 同社はまた、Google Threat Intelligence製品に大規模言語モデル(LLM)「Gemini 1.5 Pro」を搭載し、インサイトを活用したり、以下の図にあるように、より迅速で効率的な脅威スキャンや脅威対応など、脅威インテリジェンスの業務を推進したりできるようにしている。

Google Threat Intelligenceは「Gemini」を利用して、悪意があるかもしれないコードを分析し、その結果の概要を表示する。 提供:Google
Google Threat Intelligenceは「Gemini」を利用して、悪意があるかもしれないコードを分析し、その結果の概要を表示する。
提供:Google

 Gemini 1.5 ProはGoogleの「Gemini」LLMファミリーで最長のコンテキストウィンドウを備え、最大100万トークンを処理できる。Google Threat Intelligenceは、このコンテキストウィンドウを活用することで、大規模データセットを数秒で圧縮したり、マルウェアのリバースエンジニアリング、ファイルの分析、カスタムサマリーの作成を行ったりするなど、時間と手間のかかる脅威インテリジェンス処理を実行できると、プレスリリースには書かれている。

 Googleは、Google Cloudの包括的なセキュリティソリューションの一部としてGoogle Threat Intelligenceを提供している。利用するには、Google Cloudのセールススペシャリストに問い合わせることが必要だ。

 また、詳細を知りたい方のために、Googleはこのテクノロジーに関する詳しい調査ブログ公開しているほか、Google Threat Intelligenceのユースケースを紹介したオンラインセミナーシリーズを提供している。

提供:Getty Images/Sebastien Bozon/Contributor
提供:Getty Images/Sebastien Bozon/Contributor

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]