OpenAI、「Microsoft Azure AI platform」の拡張にOCIを採用

大場みのり (編集部)

2024-06-12 14:11

 Oracleは米国時間6月11日、MicrosoftおよびOpenAlと協業し、「Microsoft Azure Al platform」を「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)に拡張することで、OpenAlにさらなるキャパシティーを提供すると発表した。

 OpenAl 最高経営責任者(CEO)のSam Altman(サム・アルトマン)氏は「MicrosoftおよびOracleと協力できることをうれしく思う。OCIはAzureのプラットフォームを拡張し、OpenAIの継続的な拡張を可能にする」とコメントしている。

 Oracle 会長 兼 最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison(ラリー・エリソン)氏は、「世界最高の大規模言語モデル(LLM)を構築する競争は始まっており、当社のGen2(第2世代の)AIインフラに対する無限の需要を加速させている。OpenAIのようなリーダー企業がOCIを選んでいるのは、OCIが世界最速で最もコスト効率の高いAIインフラだからである」とアピールする。

 OCIの目的別のAI機能により企業は、Oracleの分散型クラウド上のあらゆる場所において、より高速かつ確実にモデルを構築・訓練できる。LLMの訓練において「OCI Supercluster」は、超低遅延なリモート・ダイレクト・メモリー・アクセス(RDMA)クラスターネットワーキングと選択可能なハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ストレージによって接続された64kの「NVIDIA Blackwell GPU」、または「GB200 Grace Blackwell Superchips」まで拡張できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]