編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

Java環境でメインフレームの大量集中印刷を可能に--ウイングアークテクノロジーズが帳票印刷ソフト新版を出荷

日川佳三(編集部)

2005-07-27 14:17

 ウイングアークテクノロジーズは8月1日、バッチ処理による大量印刷などメインフレームが備えていた帳票印刷機能をオープンシステムに移行するための、基幹業務向け帳票印刷ソフトの新版「Report Director Enterprise ver.3.0」を出荷する。価格は1CPUライセンスが300万円(税抜)。導入稼働支援サービスは60万円(税抜)。販売目標は年間で前年比35%増の567サーバ。

 Report Director Enterpriseは、納品伝票や売上明細など基幹業務で用いる帳票の印刷に主眼を置いたソフト。拠点に分散する企業の印刷環境を一極集中化して大量印刷を可能にする。印刷データのスプール処理などにデータベース管理システムを用いるなど、印刷処理の運用管理機能を強化した。ウイングアークテクノロジーズによれば、Report Director Enterpriseのユーザーは、1日最大25万ページ規模の帳票を出力し、10カ所を超える拠点で数100台規模のプリンタの一括運用管理を実施している。

 新版では主に、性能と可用性を向上させた。具体的には、データベース管理システムとの間で一度張ったコネクションを保持することで性能を高めるコネクション・プーリング機能を実装したほか、Report Director Enterprise機をクラスタリング構成で運用することによる縮退運転を可能にした。

 プリンタのドライバ・ソフトはJavaで開発した。稼動OSは、各種Unix機やWindows機。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]