編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

アプリをe-文書法対応に--RSAセキュリティが開発ツールキットを提供

エースラッシュ

2005-10-04 22:53

 RSAセキュリティは10月4日、電子署名およびタイムスタンプを電子文書に付与してe-文書法に対応するための開発者向けツールキット「RSA BSAFE e-文書法対応ライブラリ」の提供を開始した。

 提供が開始されたe-文書法対応ライブラリは、電子文書に電子書名を施して原本性を証明し、作成時刻を証明するタイムスタンプが付与できる開発者向けツールキットだ。電子署名およびタイムスタンプを付与することにより、電子文書の存在証明と非改ざん証明が可能になる。なお、タイムスタンプサービスはアマノの「アマノタイムスタンプサービス3161」とPFUの「PFUタイムスタンプ サービス」に対応する。

 e-文書法対応ライブラリを使うと、現在使用しているアプリケーションにRFC3161準拠のタイムスタンププロトコルによるタイムスタンプ取得と、RFC3126準拠の長期署名フォーマットによる電子署名/タイムスタンプ付与の機能を追加できる。電子署名の暗号処理には「RSA BSAFE暗号ツールキット」を利用している。e-文書法対応ライブラリは、小型情報端末向けの暗号ライブラリ「RSA BSAFE MicroEdition」シリーズを用いたC言語用のライブラリだ。

 価格は利用形態により異なるが、社内システム向けデベロッパライセンスのスターターキットで350万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]