編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

暗号化鍵の一元管理でセキュリティレベルを均一に--RSAセキュリティがシステムを販売

エースラッシュ

2005-10-13 20:35

 RSAセキュリティは、データの暗号化に必要な「鍵」を統一管理する「Key Management Serverソリューション」を10月17日から販売する。

 企業ではシステムのセキュリティ対策として、暗号化や復号に必要な鍵が数多く用いられているが、管理基準を統一していないケースが多く、情報漏えいの要因にもなりかねない。

 Key Management Serverソリューションでは、鍵を中央集中型で管理するため、全社的に管理基準を統一し、均一のセキュリティレベルを保持できる。また、Key Management ServerソリューションのAPIを利用したシステムも開発できる。システム開発期間を短縮し、鍵の漏えいリスクも低減できる。

 今回のソリューションでは、ソフト・コンポーネントとコンサルティングサービスを組み合わせた形で提供される。コンポーネントは、鍵を集中管理するためのKey Management Serverとクライアント側API、ウェブベースの管理ツールで構成される。コンサルティングサービスは「RSAプロフェッショナル・サービス」が提供され、セキュリティ設計、アーキテクチャ設計、ソフトをカスタマイズするためのコンサルティングを利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]