編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

OMAP 2プロセッサベースのFOMA新モデルがJBlendを採用

CNET Japan Staff

2006-01-17 16:02

 アプリックスは1月16日、同社の組み込み向けJavaプラットフォーム「JBlend」が、テキサス・インスツルメンツ(TI)のOMAP 2プロセッサをベースとした携帯電話に搭載されたことを発表した。TIのOMAP2420アプリケーションプロセッサは、NTTドコモから発売されたFOMAの新モデル「902iシリーズ」に搭載されている。

 FOMA 902iシリーズは、マルチメディア機能の提供のためにOMAP2420を採用すると共に、全機種でアプリックスのJBlendとアプリックスとNTTドコモが共同開発した「DoJa」プラットフォームを採用している。

 OMAP2420には、ARMのJavaハードウェアアクセラレータ「ARM Jazelle」や、Imagination Technologiesの2D/3Dグラフィックスアクセラレータ「PowerVRMBX」が組み込まれている。これらとJBlendを連動させることで、リッチなJavaアプリケーションを快適に動作させられるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]